平成23年度 実技研修会
日 時 平成23年8月27日(土)、28日(日) 9:00〜17:00
会 場 埼玉歯科技工士専門学校 3F 実習室
題 目 『人工歯排列と歯肉形成から学ぶ「総義歯の形」』
講 師 Japan ALPS Dental Evolution代表
医療法人社団真正会専務理事
中込 敏夫 先生
講師略歴 1984年 横浜歯科技術専門学校卒業
1985年 新宿アルプス歯科勤務
2006年 Japan ALPS Dental Evolution設立

「人工歯排列と歯肉形成から学ぶ総義歯の形」というテーマ―で2日間のコースを行いました。

 通常は4日間で行う研修ということで内容もとても濃い研修となりました。講師の先生は、寺川國秀先生のもとで20年以上技工を担当し、技工業界でも有名な中込敏夫先生ということもあり、受講した方たちは幅広い年齢層でしたが、分かりやすく丁寧な説明、実習をして頂きました。

 まず始めに、リンゴをガリガリと丸かじりしする男性を映像で拝見したときに衝撃をうけました。そして、「技工士は自分の行う技術・術式に学術的な根拠を持たなくてはいけない。」という言葉に沿って、28本がそこにある意味。それに沿った排列の仕方や、筋肉の付着、食物の流れ、そして審美的な事を考えた歯肉形成。さらに材料の物性を熟知した最高の重合システム。問診、審査・診断、印象、完成までの重要なポイントを詳しく説明していただき、とても充実した研修会となりました。
 懇親会では、中込先生をはじめ、学校の先生、メーカーの方、校友会員、受講生全員が参加して、技工の話や、将来の話、思い出話などでとても盛り上がりました。この出会いがこれからも続き技工に限らず、人生にプラスになっていく事になるといいと思います。
  今年中には先生が27年間の技工で得たものを書いた「義歯に血が通うまで」という本も出るそうです。今回の実技研修は、先生のまっすぐな技工の思いが、まさに実習や完成した義歯に表れていて、それが私たち受講生にしっかりと届いたと思います。

Report by 鶴見知子

戻る